スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中力の持続時間って

内職やってるので、家で完全にソロプレイです。
上司の目も無く、就業開始時間も無い、定時も無い、しかし納期はあります。
誘惑過多のお家で、如何にダラダラせずに内職をこなすか。

集中力の持続時間なんてたかがしれてます。
そんなに集中したまま作業を続けるなんて体力も気力も持たない。
ぶっ通しで無理に作業し続けると、知らぬ間に意外とミスをしてしまってたりするんです。

なので、私はポモドーロテクニックというのを活用してます。
就職してた時もこっそり使ってました。ポモドーロテクニック。
名前はちょっと難しいですが、ポモドーロとはイタリア語でトマトと言う意味です。
トマトの形したキッチンタイマーってよくありますよね。
それから何やら洒落た名前が出来上がったそうです。

初めて友人から教えてもらった時は「ポモ…何?」と名前の聞きなれなさに戸惑いましたが
ポモドーロテクニックとは、別にそんな難しいことは無く
作業時間25分+休憩時間5分=1ポモドーロで時間を区切って作業することらしいです。
作業時間の25分の間でできる仕事量を計算・調整して、作業時間内に終わるように全力を尽くす。
25分がきたら半ば強制的に5分休憩をとります。
5分でトイレに行っても良し、コーヒーを飲んでも良し、軽くストレッチをしても良し。
5分の休憩時間が終わればまた25分の作業タイム再開です。

個人的には25分って長すぎず短すぎずで丁度良いんですよ。
集中力落ちて「あーもうしんどい!」と投げ出したくなる瞬間はきません。
ちょくちょく25分の間で進んだ作業量を5分の休憩タイムにコーヒー飲みつつ見直して
「あーちょっとペースが遅いな、もう少し早めようかな」という調整も出来ますしね。
だらだら区切らずに作業し続けると、「これいつ終わるんだ…」と終わりの見えない状況に焦りだけが圧し掛かりますよね。

自分の25分当たりの可能作業量が把握することができれば、仕事毎の時間配分しやすいですし
上司から「今やってるやつ、あとどのくらいで終わる?」と突然の質問に即回答可能ですし
上司から「これも○時までにお願いしたいんだけど!」と突然すぎる無茶振りにも対応可能ですし
何より「定時で…私は今日は定時で帰りたいんだ…!!」って時もペースを速めて定時内に作業完了が余裕です。


内職でも活用してます。
というか内職みたいな完全ソロプレイの時こそ有効だなと思いました。
他人の目が及ばない場所で、自分を甘やかさずにしっかり作業を終わらせないといけないのよ…
だって納期があるから!締め切りが!
最近は内職の作業配分も把握し始めてて、「この量は…3ポモドーロ!」と計算可能。
終わりが見えないで作業するよりも、終わりが予測できて作業する方が幾分気持ち的にも楽です。

たまに「あっもうあと3分で25分になっちゃう…今の方がキリが良いから休憩入るか…」等と甘えが出てきたりもします。
まぁそれも人それぞれです。
そこで楽をしてしまうか、しっぺ返しとして次の25分で苦しむか、1ポモドーロ増やすか、まぁ人それぞれですよね。

ポモドーロテクニックはスマホでもアプリがありますし、名前の由来のキッチンタイマー使っても良いですし
そもそも25分+5分なんて時計で確認しやすいですし、兎に角個人的にはオススメです。
レッツポモドーロテクニック。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

うめこ

Author:うめこ
26歳ニートです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
メールフォーム
連絡はこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。